アニメ・漫画、ドルチェグスト、ライフハック、音楽...etc

ぽっぴんはーと

ライフハック

ミヤマ珈琲でノマド!気になるWi-Fi・電源情報をまとめてみた

更新日:

あなたの街に「ミヤマ珈琲」はありますか?

老舗喫茶で有名な銀座ルノアールの系列店で、全国にまだ7店舗しかありません。

銀座ルノアール公式HPをのぞいてみると、ルノアールの系列店は「ミヤマ珈琲」はじめ、「NEW YORKER'S Cafe」なんかもルノアールグループです。

銀座ルノアールは、スタバやドトールと比べると、年配のビジネスマンの方が多く利用しているイメージがありますが、しかしWi-Fiと電源の完備が優秀な喫茶店であるため、ノマドに優しい喫茶店ですよね。

今回ご紹介する「ミヤマ珈琲」も、もちろん快適な作業空間に定評があります。

 

専用Wi-Fi「Renoir_Miyama_Wi-Fi」の実態は?

ルノワールでは株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営する「Wi2 300」というWi-Fiサービスを導入しているため、ゲスト専用Wi-Fiも「Wi2 300」と同じシステムで提供されています。

喫茶店に入りパソコンを広げると、早速Wi-Fi一覧には「Renoir_Miyama_Wi-Fi」の文字が。

キャプチャ

クリックすると、接続画面がブラウザで自動的に立ち上がります。

キャプチャ2

ページ自体はルノアールですが、左下に「Wi2 300」のアイコンがありますよね。

「ゲストログイン」のタブを「ゲストコード取得」に切り替えると、

キャプチャ3

このようにQRコードが表示されているので、これを携帯・スマホで読み込み、そのメールアドレスに空メールを送ると、返信にゲストコードが書かれています。

PC上で操作したい場合は、QRコードの下に書かれているメールアドレスを通常使っているメールサービスで直接入力し、空メールを送ればokです。

(ただし、gmail等のフリーメールだと返信が届かない場合もあるようです。もし上手くできなかったらau、docomo、softbank等のキャリアメールを使いましょう。)

「ゲストログイン」タブに切り替え、取得したゲストコードを空欄に入力しENTERをクリックすると、Wi-Fi接続が完了します。

 

この方法でWi-Fi接続を行う場合に注意したいのが、ゲストコード1つにつき、接続可能時間が3時間だということです。

3時間後にゲストコードを再取得すれば、また接続することができます。

その点だけは手間ですが、ゲストコードの取得は無制限なので実質永久的に無料でWi-Fiが使えますし、FreeWi-Fiと違ってセキュリティがしっかりしています

3時間といっても、9時間喫茶店にこもってもゲストコード取得は3回で済むので、ゲストサービスで十分だという人はぜひ活用してみましょう。

ただ、3時間終了時点で突然ネットが切れることに耐えられない方は、おとなしくWi2 300への加入をおすすめします。(筆者は加入しています!)

月額362円(税抜)なので、手が出しやすいお値段になってます。Wi2 300が使えるお店をよく利用する方は入って損はないですよ。

Wi2 300の「利用可能エリア」に要注意!オプションエリアは更に課金が必要だぞ

 

Wi2 300加入済みなら「Wi2_club」が使える!

すでにWi2 300に加入している人は、もちろんWi2 300エリアなのでネットが使い放題です。

通常エリアの「Wi2_club」なので追加料金がなくてありがたいですね~。

 

気になる電源情報は?

「ミヤマ珈琲」をはじめとするルノアール系列店は、ルノアール公式HPにて電源の有無を確認することが出来ます。

リンク先は東京都内で「Wi2 300」と「電源設備」がある店舗の絞り込み検索結果になっています。125件ありました!

(絞り込み検索項目に「Renoir Miyama Wi-Fi」もありますが、検索件数が変わらないので、「Wi2 300」があればゲストサービスも必ずあるということでしょう)

コメダ珈琲の公式HPではWi-Fiの有無しか確認できないので、これはありがたいですね。

コメダ専用Wi-Fi「Komeda_Wi-Fi」の使い心地を徹底検証

筆者が今回訪れた「ミヤマ珈琲」では、カウンター席のみに電源があるようでした。

しかしカウンター席の数は充実しており、一席あたりの卓上スペースがドトールコーヒーに比べて広い!

おまけに、一人で2口コンセントが使えるのもポイントが高いです。

20170404_154937085

 

足元に荷物入れもあるし、カウンター席も背もたれのあるソファ型の椅子なので、姿勢が楽!

ご飯類も充実していています。サンドイッチおいしかったです。

20170404_183611122

ポテトチップスがついているのが何気に嬉しい(作業しながらつまめるから)。

写真は厚切りベーコンのフレッシュバジルチーズトースト(620円)

 

まとめ

ルノアールグループ管轄の「ミヤマ珈琲」は、無料Wi-Fi、電源設備ともに充実しています。

みなさんの街に「ミヤマ珈琲」があれば、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事は参考になりましたか?

気に入ったらシェアよろしくお願いします!

-ライフハック
-

Copyright© ぽっぴんはーと , 2019 All Rights Reserved.