アニメ・漫画、ドルチェグスト、ライフハック、音楽...etc

ぽっぴんはーと

ドルチェグスト

私が選んだのはドルチェグストのルミオ!デザインで迷った時に知っておきたい各機器の特徴

更新日:

ネスカフェのコーヒーメーカーが欲しくて、先日ヤマダ電機に行ってきました。

ネスカフェにはバリスタドルチェグストという2種類のコーヒーメーカーがあり、味と使い勝手重視の私はドルチェグスト一択だったのですが、売り場に行ってびっくり。

ドルチェグストってデザインも数種類あるのか!

親切な店員のお姉さんにあれこれ教えてもらいながら、最終的に私が選んだのは、ドルチェグストのルミオという機器でした。

1.ルミオ

赤と白がありましたが、個人的な趣味で赤を購入。

白はいっそう近未来感が増して、見た目がペッパー君に似ています(笑)

 

ルミオってどういう意味?と思いドルチェグストの公式サイトをのぞいてみると、

太陽の光をイメージしたスマートなデザイン

とありました。
たしかに正面から見ると、センターの丸い貯水タンクが透けて、そんな雰囲気がしなくもない!

半円形の貯水タンクをはずすと、穴のあいた円盤がヘッドを支えているデザインで、下の土台もコンパクトな大きさ。

私はリビングに置いていますが、一人暮らしのミニキッチンとかにも問題なく置けそうな感じ。

赤もなんだかんだロボット感がありますね(笑)マーベルのアベンジャーズに出てきそうな雰囲気でかっこいいです。

見ればみるほど愛着がわくデザインとはルミオのことでしょうか。ちょっと褒めすぎ?

私はかなり愛してます。

2.ジェニオ2プレミアム

はじめはやはり、一番売れているというオーソドックスなデザインのジェニオ2プレミアムに惹かれましたが……。

【送料無料】 ネスレ日本 Nestle 専用カプセル式コーヒーメーカー 「ドルチェグスト・ジェニオ2・プレミアム」 MD9771-WR ワインレッド[MD9771WR]

価格:6,382円
(2018/5/21 00:55時点)
感想(66件)

ルミオの方が5000円台と価格が安く(ジェニオは7000円台でした)、どちらかといえばこだわりのあるデザインが好きなので、今はルミオを買って正解だったなと感じています。

私はルミオ派ですが、形は特にこだわらないぜ!という方は、ジェニオ2プレミアム本体が無料で手に入るドルチェグスト定期便を購入してみるというのも手です。

本体は貸し出し扱いなので、解約すると返還しなければならないのですが、毎日コーヒーを飲む方はこちらの方がお得なので、気になる方はぜひお試しを!

 

3.エクリプス

ヤマダ電機の売り場には、他に2種類のドルチェグストが置かれていました。

まず、度肝を抜かれたのがこちらのエクリプスというデザイン↓

丸い……そしてでかい……(小並感)

日蝕からインスパイアされて作られたというこのモデルは、日蝕に忠実に、カラーバリエーションも赤のみというこだわりよう。

マツコの知らない世界でも紹介されたらしく(売り場のお姉さん談)、あのガクトさんも愛用されているらしいです(売り場のお姉さん談)。

こんなドーナツ日蝕みたいな形して、どーやってコーヒーが出てくるんだよっ。

なんと自動で注ぎ口が開きます。

一言でいえば、かっけー!!!まじかっけー!!!

私にお金とスペースさえあれば、間違いなくこれ一択でしたね、ええ。

4.ドロップ

もう一つは、ドロップという種類。

土台が大きく、ヘッドがにゅっと上へ伸びているデザインは、ネッシーぽいし植物の発芽感もあります。(私的感想)

インテリアとしても愛せそうですね。頭なでたくなるようなかわいらしさがあります。

利便性としては、湯量の調節がタッチパネル式で変更することができます。

(エクリプスもタッチパネル式、ルミオとジェニオ2プレミアムはロールボタンで調節できます)

タッチパネル式の方が洗練された機能美があるので、価格差の理由はこの点でしょうか。

ドロップは赤と白、二種類のカラーバリエーションがあります。

デザインは違うが、味はどれも一緒!

ここまで4種類のドルチェグストを見てきましたが、すべての機器で同じカプセルを使います。

形によってコーヒーの淹れ方は変わらないので、どれを買っても味は一緒です(笑)

ドルチェグストは一杯ごとにカプセルを1つ使います。

バリスタは一杯あたり約20円というコスパが魅力的ですが、その分味はドルチェグストよりは格段に落ちます。

バリスタに使われるのは、インスタントコーヒーと同様の粉であるのに対し、ドルチェグストのカプセルにはドリップコーヒーと同様の挽豆が入っています。

バリスタ → おいしいインスタントコーヒー

ドルチェグスト → おいしいドリップ式コーヒー

ということなんですね。

私はドルチェグストを購入する前はドリップ式コーヒーを飲んでいたので、これもバリスタを選ばなかったひとつの理由です。

そしてもう一つ重要な理由があって、ドルチェグストはカプセルの種類が充実しているということ。

基本的にはブラックコーヒーが好きな私ですが、気分屋なので甘いラテや抹茶なんかも飲んでみたいと思ってしまい……。

チョコチーノも飲めるんですよ!

と胸熱に語る店員のお姉さんに完全敗北してしまいました……orz

ええ、チョコも大好きですとも……。

 

本体とともにマグサイズのオリジナルブレンドと、チョコチーノを購入。

基本16個入りですが、チョコチーノはなんと贅沢なことに一杯にカプセルを二つ使います。

まずミルクカプセルを注いでから、チョコカプセルを注入。

激うまドン引きしました。

もう喫茶店行く必要なくね……?

まとめ

ドルチェグスト神。
カフェイン中毒待ったなし。
チョコチーノ最高。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

気に入っていただけたら、ぜひシェアお願いします!

-ドルチェグスト

Copyright© ぽっぴんはーと , 2019 All Rights Reserved.